MENU

事業案内

福祉教育推進委員会

概要・特徴

教育機関や各種団体を対象に、メンタルヘルスの福祉教育に取組んでいます。福祉教育を通して、自他のメンタルヘルスに着目すること、精神障害をお持ちの方との交流を通じて、障害があるなしに関わらず、誰もが地域で暮らせる街づくりを目指しています。
福祉教育推進委員会は、精神障害を経験した当事者やミューの職員や大学教員などで構成されています。
定期的に委員会を開催し、市内のメンタルヘルスの向上や福祉教育の推進のための取組みを行っています。
具体的な活動の1つとして、市民こころの健康支援事業の出前講座を利用し、「こころの色」という授業を小学生や高校生、市民などを対象に企画・実施しています。

「こころの色」の授業では、精神障害を経験した当事者講師の募集もしています。当事者講師には、授業の中でご自身の病気や生活などの体験談を話していただきます。また、授業を聴いている方からの質問にも答えて頂きます。講師をやったことがなくても委員会で学びながら行うとができますので、ご安心ください。
「こころの色」や当事者講師に関するお問合せは、こちらにお願いします。

Tel 0422-36-3577
*就労支援センターMEWへつながります。

ページトップ